2014年6月に誕生した“チカ”の育児絵日記

チカが二ヶ月半くらいだったと思います。

その頃がこの半年の中で一番イライラさせられていました。


今日のブログはこんな感じの話になります。絵も無いです。そして長いです。ものすごく長くなりました。

チカ母のそんな黒いところを見たくない方は戻るボタンでUターンお願いします。






まだ子育て期間半年ですし、この後に待ち受けているであろう嫌々期も味わっていませんが

この生後二ヶ月あたりって、まだチカの感情が見えてこなくて動物的というか本能が大部分をしめているようで、愛情に繋がる 可愛さはあまり感じられませんでした。
だんだんと自我というか、意思が見えてきて 行動もバリエーションが増えて 感情が豊かになってきて始めて愛情を伴った 可愛い!になりました。今は泣かれても どうしたのー?と笑って抱っこできます。
そうなるまではギャンギャン泣かれれば憎たらしく思えましたし、うるさい!と怒鳴りつけたこともあります。
叩くことはしませんでしたが、クッションを壁に投げつけたりはしました。


過ぎた今だから言えることですが、その時はブログに書くなんて出来やしませんでした。幸せそうな 良いお母さんのように見せたかったです。

でも、自分がそんな状態だった時 救われたのは
同じように、子どもに怒鳴ってしまった という体験をしている方がいるということでした。
しかもそれが結構多い。

自分だけじゃないんだー
と、それまでは母親失格だと落ち込んでいましたが
案外みんなこんな気持ちになりながらどうにかこうにかやってるのかなー
と思えるようになりました。

なので、チカ母の黒い感情もさらけ出してみようかと。


チカ母は子育ての環境はかなり恵まれている方だと思います。
実家が近くて、実家から自宅に戻ってからも自分の母親がちょくちょく手伝いにきてくれて、チカ父も協力的で、両家ともに孫を喜んでくれて、友人も近くにいて、ご近所の方が話しかけてくれて

こんな中でも、チカに対して怒鳴りつけました。

これは今もですが、チカは 癇癪持ちなんじゃないか?と思えるほど激しく泣く子で この泣き声がチカ母には緊急地震速報や非常ベルのような、不安を掻き立てる音だったのです。
どうにかして止めなきゃ!って感じさせるんですよね。焦らせるというか。

聞きたくない音なんです。
頑張って止めようとするけれど止まらない。更に焦る。イライラする。
そして爆発。

これだけ恵まれた環境にいて、泣き声が叫び声って以外は夜は寝てくれるし
おっぱいもよく飲むのに

それでも
いつかこの子を叩く日がくるかも
と思っていました。

頭の中では叩いたことも投げつけたこともあります。口に出せないようなひどい言葉も頭の中では出しまくりでした。



育児中って、こういう話は友人同士でもあまりしなくないですか?
したとしてもここまでさらけ出しはしないと言うか、もう少しソフトに

昨日泣き止まなくてついイラっとしちゃったよー(´Д` )
たまには一人の時間が欲しい!

こんなもんではないかと。
でも実際はもっと黒いのではないかと。


もっと育児のストレスをオープンに出来ると楽になれそうなんですがね。

「お腹にいた時が楽だったー(泣)」
も、フィルター外せば真顔で
「もう本当にお腹に戻ってほしい。」

これでもフィルターかかってるかしら。


何が言いたいかと言うと、そういう感情は仕方ないんじゃないかなと。

チカ母の母は昨日も書いた通り、四年間夜泣きし続けた子を育てあげました。
怒鳴りもしたし、叩きもしたそうです。

が、その母親が育てたチカ母は
小さい頃
とても良い子 と周りから言われていました。
大人同士が話している時や、幼稚園で先生のお話を聞く時
騒がずにちゃんと座っていられましたし
挨拶出来たし、ありがとう言えたし。
それらを普通のこととして育てられました。

母親は
どうしたらあんな良い子に育てられるんですか?
とアドバイスを求められたりもしたそうです。

チカ母にとっても、母親は良いお母さんだと思ってました。
洗い物してる背中に話しかければ、必ず振り向いて なぁに?と手を休めて話を聞いてくれましたし
一緒にクッキー作ったりパン作ったり
お手伝いも、まだ邪魔にしかならず かえって手間が増えるだけなのに 根気よくやらせてくれました。

良いイメージばかり残っています。
実際はこんな良い日ばかりでは無かったのかもですがね。

チカも案外こんなもんなのかな と。


まとまらなくなってますが、生後間もない赤ちゃんの育児で煮詰まってるお母さんの気休めになればと思います。

その頃のイライラなんて、大抵のお母さんが通る道だと思います。
みんな一緒一緒!

頭の中で壁に向かってぶん投げた娘は、今は可愛くて食べちゃいたいくらいですから。


そしてこの後、もっと黒い感情を引き出す時期が待っているかもですが
あの生後二ヶ月半頃の、まだ育児に慣れてなくて上手く手を抜けなかった中での叫び泣きのストレスを味わうことはもう無いかな、と。
あとは それまで働いていた分、専業主婦ってのにも慣れてなくて、働いてないんだから家事やらなきゃ!って言う負い目がありましたが
それも少しずつ、手を抜くことに対しての罪悪感を感じなくても良いんだと言い聞かせ 今や手抜き慣れてきました。(これはこれで問題かもですが)

それでも罪悪感は無くなりませんが。




以上、今だから言える話でした。
2014.12.24 | チカ母 | トラックバック(-) | コメント(2) |

近い時期に産んだのでいつも楽しく読んでます!
大変ですよね…たまには黒いネタも書いたらいいと思います!共感!

2014.12.24 23:42 URL | #- [ 編集 ]

お母さんも、たまには黒くもなりますね!
今が一番可愛い時よね〜( ´ ▽ ` )とよく言われる時期に入ってからは、黒さもだいぶ落ち着きました。

お互いたまに黒くなりつつ、頑張りましょうね!!

2014.12.25 11:32 URL | チカ母 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示