初投稿と最近ハマっている観葉植物。

はじめまして。「ちかまる」と言います!

身の回りのいいなと思ったモノを紹介していけたらいいなと思います!

最近部屋の中に緑を入れたいなと思っていたので観葉植物を取り入れるようにしてみました。

そこで初回は観葉植物について書いていこうと思います。

結論を先に言うと観葉植物は取り入れた方がいいです。

とは言ってもメリットとデメリットがあるのでそれぞれポイントを書いていこうと思います。

  1. 最近買った観葉植物
  2. 部屋に観葉植物を置くメリット
  3. 部屋に観葉植物を置くデメリットと注意点
  4. 結論「取り入れるべき」

1.最近買った観葉植物

ちかまるが買った観葉植物

それは、ガジュマルです。王道ですね。

ガジュマルはねっこが太いのが特徴で、土の中に埋まっているかと思いきや

土の外に出ているのが特長的です。日光が好きで健康の木とも呼ばれているので

比較的に育てやすいらしいです。原産は沖縄、東南アジア、ミクロネシア、台湾、オーストラリア

など暖かい地域で自生しているそう。

沖縄ではキジムナーと呼ばれる火の精霊が宿ると言われています。

葉っぱの色も濃い緑色をしており、丸くかわいい形の形状で人気があります。

自生しているものはこんなにも大きくなるそうで↓

実際に観てみたいですね。

僕が買ったのはホームセンターで売っていたこの子↓

気根(地面から出ているねっこの部分)が特長的で可愛らしくて購入してしまいました。

小さめで値段は600円ほどでした。

割と育てやすいそうで水を土の表面が乾いたらあげれば良い程度なので観葉植物初心者のちかま

るでも枯らすことなく2ヶ月ほど育っています。

冬は水が乾きにくいので3日に1回と葉水(葉っぱに霧吹きで水をあげること)で順調に育っています。

葉水をすると、緑が色鮮やかになりやすいそうです。

虫もつきにくくなるそう。

2.部屋に観葉植物を置くメリット

1.ストレス軽減になる

屋内で森林浴をすることができ、人間は元々自然のある場所で生きてきた生物なので

安心するんでしょうね。

仕事のストレスなんかを軽減してくれます。

2.空気清浄の効果がある

観葉植物は二酸化炭素を吸い、酸素を発生させます。

そのため、人間が過ごしやすい空間を実現してくれます。

更に、特定の観葉植物には靭帯に有害な物質を吸着して除去する効果があるとNASAが明らかにし

ています。

空気清浄効果があった有害物質は

建築物や家具から出る有害物質でシックハウス症候群の原因となる物質です。

シックハウス症候群とは防シロアリ剤や防カビ剤、接着剤などから出る化学物質に過敏

に反応して、喘息や皮膚炎の悪化、頭痛やめまいという症状が出ることみたいなものです。

その物質と言うのがホルムアルデヒドです。

他にもアンモニアやベンゼンなどの有害物質を吸着して除去してくれます。

サンスベリアが空気清浄に特にいい植物と言われており、おすすめです。

3.部屋が少しオシャレになる

元々植物は屋外にあるものです。

なので部屋の中に取り入れると、ギャップからか

オシャレに見えます。

と言うようにまあそれなりにいいポイントがあるわけです。

今度はデメリットを見てみましょう。

3.部屋に観葉植物を置くデメリットと注意点

1.お手入れしないと枯れる。

当然ですが観葉植物も生き物ですので、水や場合によっては肥料を与えてあげないといけません。

なので長期間家を空けたりする時は対策しなくてはいけません。

2.虫が発生する

小蝿などが発生するので肥料を控えたり、殺虫剤を撒いたりしないといけません。

3.犬や猫を飼っているお家では、犬猫などの毒になる観葉植物がある。

これは一歩間違えると飼っている愛犬や愛猫が最悪死んでしまう為最も注意が必要です。

4.結論(取り入れるべき)

デメリットはあるんですが、割と簡単に対策出来るのでメリットの方が大きいと感じました。

ただ猫や犬を飼っている方は取り入れるときには十分に注意してから安全な観葉植物だけを取り入れるようにしまし

ょう。

ブログ書くのって大変ですね笑

これからも観葉植物についてやそれ以外にも色々書いて行けたらと思います。

皆さんも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

100円ショップなどでも買えるのですぐに取り入れられると思います。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA