コーヒーが好きな僕が普段している「コーヒールーティーン」

こんにちは。僕はコーヒーが好きでほとんど毎日飲んでいるんですが、皆さんにもコーヒーを

飲む上で知っておいて欲しいことをご紹介しようと思います。

こんな方にオススメ

  • コーヒーを毎日飲んでいる
  • コーヒーに含まれるカフェインのことをあまり知らない
  • コーヒーを夜や寝る数時間前に飲んでいる
  • インスタントコーヒーや缶コーヒーを飲んでいる
  • 集中したい
  • 眠気をなんとかしたい
  • 痩せたい

コーヒーのメリットとデメリット

デメリット

  • カフェインの過剰摂取による健康被害の可能性がある
  • カフェインの過剰摂取による胃酸過多で胸焼けがする

メリット

  • 抗酸化作用がある
  • 血糖値を抑える
  • ダイエットに向いている
  • リラックス効果がある

コーヒーには抗酸化作用がある

コーヒーにはいろいろな効果があるのですが今回は抗酸化作用についてのみ触れようと思います。

コーヒーポリフェノールには抗酸化作用があることが分かっています。

活性酸素というものが癌の一因や生活習慣病の原因となっていることから

この活性酸素をポリフェノールが抑制することで、健康な細胞を維持してくれるということになる。

コーヒーを飲むたびに細胞が掃除されているというイメージでしょうか。

引用元 : https://www.ucc.co.jp/index.html

これを知っただけでもコーヒーを飲みたくなったんじゃないでしょうか?

コーヒーを飲む時の注意点

1,摂取量に注意する。

健康的な成人の場合だと、カフェインを400mg/日までとした方がいいそうです。

これは500mlのコーヒーくらいで摂取できます。

ざっくりですが、500mlのペットボトル1本分が1日に飲めるコーヒーの量ということで

覚えておけばいいでしょう。

スタバで言えばグランデサイズかベンティサイズあたりが上限という感じでしょうか。

2,飲むタイミングを調節する

これはカフェインには眠気の原因となるアデノシンをブロックする働きがあるため、もちろん

寝る前に飲むのは睡眠を妨げるためNGです。

朝起きてすぐもアウトで、コルチゾールという物質(体を目覚めさせる役割を果たす)と相殺するような働き

をしてしまうため、起きてから1時間〜1時間半ほど経ったタイミングで飲むのがいいでしょう。

そしてカフェインが体内から完全に抜けるには、8時間くらいかかるという事を知っていると

寝る8時間前にはカフェインを摂取しないようにしないと、よく眠れなくなるという事です。

まとめ

他にもいろいろないい効果があるのですが、結局どうコーヒーを飲めばいいのか?

結論は・・・

1日に500mlくらいまでに飲む量を制限する

朝起きて1時間〜1時間半たった後から、寝る時間の8時間くらい前までに飲む

ということを守って、僕はできだけドリップされたコーヒーをブラックで飲むようにしています。

苦いのが苦手な方は、砂糖ではなくミルクなどで苦さを調節することをお勧めします。

カフェインをうまく使って、生産的な人生を送りましょう!

ではまた。


参考資料:https://www.ucc.co.jp/index.html

     http://coffee.ajca.or.jp/

     http://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA