スマート家電初めの1歩にオススメ!PHILIPS hueのランプ

こんにちは。皆さんは照明を気にする方でしょうか?

僕は2年ほど前からずっとPHILIPSというメーカーさんの作っているライトを愛用しています。

かなりオススメですので、今回はPHLIPS hueについてご紹介しようと思います。

こんな方にオススメ!

  • おうちの照明をスイッチだけでなくスマホやスマートスピーカーから電源のON/OFFをしたい
  • 照明を消し忘れて外出してしまった
  • お部屋の雰囲気を場面ごとに変えたい
  • この時間になったら自動的に照明をつけたい/消したい

PHILIPS hueランプの概要

僕が愛用しているものは、以下の商品です。(1 パック E26)

引用元(PHILIPS hue)

電球色から昼光色までのカラーを自在に作り出すことができるものになります。

他にも赤や青、黄色など色々なカラーを出すことができる証明もあります。

1 パック E26の仕様↓

電球の寸法
寸法 (幅 x 高さ x 奥行き)112.7*62
環境
動作湿度5% <H<95% (結露しないこと)
動作温度-20°C ~ 45°C
保証
2年間
消費電力
エネルギー効率ラベル(EEL)A+
サービス
保証2年間
技術仕様
重量72
ランプテクノロジーLED
電球
色温度2200Kー6500K
直径62mm
エネルギー効率ラベルA+
口金E 26
A60
高さ112mm
入力電圧100V
寿命25000時間
光出力温白色から昼光色
最大動作電力9W
最大待機電力0.5W
スイッチサイクル数50000
力率>0.5
定格寿命25000時間
ソフトウェアのアップグレード可能Hueブリッジに接続されている場合
起動瞬時に100%の光出力
ワット数9W
相当ワット数60W
通信プロトコルBluetoothおよびZigbee
調光可能
ソフトウェアのアップグレード可能Bluetooth App または Hue Bridge に接続されている場合

接続の仕方(BluetoothとHue Bridge)

基本的には2種類の接続の仕方があり、操作できるランプの数や範囲などが制限がかかりま

す。

一番簡単なのは、ランプ本体を取り付けてBluetoothで接続したスマホから専用のアプリで操作

することです。ただこれだと制限が少しかかってしまいます。

具体的には

Bluetoothで直接接続した場合

  • ランプの操作可能数が最大10個まで
  • Bluetoothを使って操作できる範囲が1ルームまで
  • 音声コントロールがGoogle AssistantとAmazon Alexaのみ使用可能
  • スケジュールを設定して照明を自動でオンオフできない
  • 外出先からコントロールができない

といった制限がついてしまいます。

この制限を無くすためには、Hue Bridge という中継機的なものが必要になってきます。

Hue Bridge

引用元(PHILIPS Hue)

するとどうなるかというと

Hue Bridgeを使って接続した場合

  • ランプの操作可能数が最大50個まで増加
  • 操作範囲が家全体にまで拡大
  • スケジュールに合わせて照明を自動でオンオフ可能
  • Hueスマートアクセサリー(別売り)の設定が可能
  • 外出先からコントロール可能

など正直かなり便利になるので、購入を考えている方はこちらはセットで購入をお勧めします。

PHILIPS Hueのメリットとデメリット

メリット

  • スイッチを押さなくてもスマホや音声で電源操作ができる
  • 暖色と寒色を1つのランプで変更できる
  • 点灯時間や消灯時間を設定すればその時間になったら点灯、消灯してくれる
  • 外出先でライトを制御できる
  • 外出先からお家に着いたときに設定すれば自動で点灯する
  • ライトを使って外出時に在宅しているかのように演出できる

デメリット

  • 値段が高い
  • WiFi環境が必要

明らかにメリットの方が大きいので投資としてはいいと思います。

1度買ってしまえば25000時間使えるのでトータルコスパはいいと思います。

1日16時間使用でざっくり5年使える計算になります。

まとめ

どうだったでしょうか?

僕が気に入っている機能はやはり色を調節できるところです。

夜寝る1時間前には段々と明かりを暗くすることで、睡眠の質を向上させることができます。

起床時も段々と明かりをつけて目を覚ましやすい状況にしてくれるので大変便利です。

ぜひスマートな生活を手に入れてみてください!

今回紹介したPHILIPSさんのリンクはこちら↓

https://www.philips-hue.com/ja-jp

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA